補聴器のデザインを研究しており、補聴器の現状などを教えて頂けますか?

と春にあいち補聴器センターに大学生の子がインタビューに来てくれて、

在学されている名古屋市立大学芸術工学部の卓展にて、魅せる補聴器をテーマとしてデザインされた補聴器が発表されました。

Screenshot_20200914-121840_LINE

え!補聴器には見えない!めちゃくちゃオシャレ!!

動画はこちらから、



インタビューの中で、

デコ補聴器を始めた理由が補聴器をつけるのが恥ずかしいと思う子がいる。
補聴器のイメージをオシャレに変えていきたい!

とは話しました。
Screenshot_20200914-123213_LINE

出来上がったプロダクトデザイン補聴器の【STON】を拝見し、スマートホンと連携して毎日違った模様を選ぶことができるなど補聴器を毎日、楽しく!オシャレに!つけれるデザインだと感じました。

未来ある若者が、

補聴器や補聴器のデザインに興味を持ってもらい、更に補聴器の課題(毎日つけるのにデザインが変えれないなど)に着目し補聴器のプロダクトデザインを発表してくれたことは、業界に携わる者としてとても嬉しいです!

補聴器のデザインを更に改善し考えることや、そもそも補聴器を知ってもらうきっかけになったと思います。

卓展とは?

卓展とは、名古屋市立大学芸術工学部の学生による作品展示会です。

プロジェクトに賛同した人々が卓を囲むように集まることから卓展となりました。

学部4年生をリーダーとして多種多様なジャンルのプロジェクトを立ち上げ、学科・学年の垣根を超えて制作を行います。

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、実物展示ではなくオンラインでの開催となりましたが、

今まで行ってきた卓展を再現しつつ今年ならではの新しい取り組みも学生一同力を合わせて行っています。

卓展2020

※卓展ホームページより https://takuten2020phi.studio.design/

2020年9月27日まで、WEBにて公開されております。ぜひ!ご覧頂けると幸いです。

また補聴器のデザインに関しては下記ページ内【STON】の説明をご覧ください。(カッコイイですよ!)

卓展2020 PRODUCT DESIGN

すべては『聞こえ』のために!!