watermark

スターバックス コーヒー ジャパンが、手話を共通言語に採用した国内初のサイニングストア「スターバックス コーヒー nonowa国立店」を6月27日にオープン!!


という記事を発見しましたのでご紹介します。

nonowa国立店では従業員向けに独自に開発した文字と振動で情報を伝えるデジタルウォッチを導入。遠くにいるパートナーの呼び出しや業務用のタイマー機能などを備えている。店内には利用者に手話を紹介するために指文字(American Sign Language)で表したスターバックスサインをデザイン。指文字のサインはパートナーのエプロンにも刺繍で施している。オーダー時は手話や筆談に対応し、指差し注文用のメニュー表も用意。商品の受け取り場所にはデジタルサイネージを設置し、受け取り番号を表示するほか、挨拶など日常で使う手話を紹介する。
※FASHIONSNAP.COMより

呼び出しに振動タイマーを使ったり、注文にタブレット端末を使うなど、聴覚障害者でなくても気づきやすい、注文しやすい環境が生まれると思います。バリアフリーになっていくということはみんなに優しいお店になると感じます。

また、難聴者が言葉の壁を感じず働ける環境を企業側とお客さんが一緒に作っていく!いいことですね。考え方が広がってほしいです。

あいち補聴器センターでも、私含めて手話勉強中で手話での対応もしております。そして!今後は、手話を社内公用語にしていきたい!!さらに決意しました。

場所や詳しい情報は、

オープン日:2020年6月27日(土)
住所:東京都国立市北1-14-1 nonowa国立
営業時間:7:00〜22:00※6月27日のみ10:00オープン
座席数:83席
電話番号:042-505-9223
※ご来店には整理券が必要です。テイクアウトもあるそうです。

すべては『聞こえ』のために!!