近年、認知症の話題が多く取りあげられており、厚生労働省の認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)でも、難聴は認知症の危険因子として挙げられています。

NHKガッテンでも、認知症を防ぐカギ!あなたの「聴力」総チェック!が放送されたように話題として注目されていますので、認知症と補聴器についてご紹介致します。

・加齢による難聴とは?

認知症と難聴 P4 - コピー

聴力は、一般的に年齢と共に低下していきます。実は30代からゆっくり老化がはじまり、65歳を過ぎると難聴の有病率※は急増し65歳以上は約45%。80歳以上は80%が難聴と言われております。

そして、現在の日本には約900万人の難聴者※がいるとされております。

※すべてがわかる認知症2017より
※画像は、シーメンス・シグニア補聴器 認知症と難聴より

・補聴器は認知症に予防になる?

すべてが分かる認知症2017
写真のすべてがわかる認知症2017にも書かれておりますが、フランスで25年間の追跡調査をした結果

補聴器を装用して聞こえを適正に補うことで認知機能の低下を抑制される

という報告もあります。

まだ日本における研究結果はありませんが、補聴器の現場の感覚として補聴器を装用し、

  • 以前より会話が多くなった。
  • 明るくなった。
  • また会合やサークル、趣味をはじめるきっかけになった。

などお声を頂いております。

・補聴器を試すには

最近聞きづらい。補聴器などで、聞こえを補いよりアクティブに人生を送りたいという方が増えていると実感しております。

その場合、まずはお近くの耳鼻科医の受診をお勧め致します。もしお耳の病気がある場合、治療して聴力が回復する可能性があります。

病気などがなく、聞こえの改善は補聴器でとなりましたら、お近くの認定補聴器専門店をお勧め致します。認定補聴器専門店とは?

※あいち補聴器センターは認定補聴器技能者在籍の認定補聴器専門店です。耳鼻科医とも連携しております。

現在、多くの補聴器店では補聴器の無料試聴が可能です。
あいち補聴器センター独自の補聴器貸出の補聴器調整・効果測定サービスを行う『AHAケア

・まとめ

認知症を防ぐには様々な予防方法があります。難聴、聞こえを改善することも認知症を防ぐ1つの選択となります。

ただすぐに補聴器ではなく、まずは耳鼻科へ聞こえの相談をして頂くことをお勧め致します。

補聴器も合う合わない(補聴器の音・メーカー・カタチ)がありますのでまずは、試聴して頂くことが大切です。

日本は、高齢化の進行に伴い、認知症の患者数は700万人※になると予想されます。
※2015年日本における認知症の高齢者人口の将来設計に関する研究

聞こえを改善し認知症の予防ができ、より良い豊かな生活のお手伝いが補聴器をつうじて行えれば嬉しいです。

すべてがわかる認知症 2017【1000円以上送料無料】
すべてがわかる認知症 2017【1000円以上送料無料】

すべては『聞こえ』のために!!