秋からあいち補聴器センターに来てくれる子ども達みんなに、棒つき飴を1つあげています。
※親御さんの了承をえてからです。

みんなとても笑顔になってくれます。

・棒つき飴すき?

棒つき飴 (2)

小さかった頃、じーちゃんの車のガソリンを入れに行くのに付いていくのが楽しみでした。
なぜかは、いつも行くガソリンスタンドは子どもに棒つき飴をくれたのです。

子ども心に、

ガソリンスタンド=棒つき飴→行きたい!!

となってました。

今は駐車場になってしまったガソリンスタンドの近くを通ると、まだ甘い棒つき飴のことを思い出します。

・補聴器屋さん楽しい?

子どもと難聴、補聴器には特に力を入れています。

それは補聴器装用は言語発達に対してとても重要で、その子の未来がかかっているからです。

補聴器をつうじて子どもたちの聞こえのお手伝いをしたい!

でも、子どもたちにとって補聴器屋さんに来ることはけして楽しいことではないなー(笑)
と実感もしています。

そんな時、ガソリンスタンドの棒つき飴を思い出しました。


・笑顔で補聴器をつかってほしい

あまり楽しくない補聴器屋さんでも、棒つき飴で少しでも楽しみになれば嬉しい。

飴でつっているわけじゃないけど、補聴器屋さんに来ること、もっと大きくは補聴器をつけることが楽しくなるきっかけに1個の飴がなったら嬉しい。

自分が、ガソリンスタンドに行くのが楽しみだったように。

棒つき飴 (1)

すべては『聞こえ』のために!!