今日8月18日は東海愛知新聞連載日です。

第52回【夏の補聴器メンテナンス】

170818 東海愛知新聞 - コピー

こんにちは!あいち補聴器センター天野慎介です。お盆も過ぎ少し涼しくなりましたが、補聴器は、高温・多湿は苦手です。

真夏の89月頃までは、汗や湿気による故障が多く発生してしまいます。

汗や湿気の影響を受けにくい「防水補聴器」は近年、各メーカーから登場しています。

しかしながら、補聴器は完全防水ではなく、年数による劣化もあるため、日々のアフターケアは付きものになります。

夏の運動等で、汗をかいて補聴器を壊してしまったことがある方、以下のケアを実施してみて下さい!おすすめ対策法です

①汗や水に掛かったら、柔らかいテッシュやハンカチ、専用クリーナーシートで補聴器をひと拭き!

②補聴器を使わない時は、乾燥ケースに必ず保管、汗を多くかく方は電気乾燥器を併用。

③耳かけ型は、汗を吸い込むカバーを本体に付ける。チューブやイヤモールド(耳栓)部分に水分がある場合は、エアブロアーを使う!

④補聴器専門店にて真空乾燥など定期的(12ヶ月に一度)にクリーニングをしてもらう。

特に毎日の簡単なお手入れが一番故障予防に繋がります。ぜひ!始めてこの夏は故障0(ゼロ)できましょう!!

すべては『聞こえ』のために!!